シェアハウスの居住部分と共有部分について

シェアハウスの居住部分の解説

賃貸物件は様々な形態の住居があり、その中でもシェアハウスは今注目されている人気の物件です。一般的な賃貸物件と違うところは、自分専用の部屋の居住部分と、シェアハウスに住む複数人と共同して使う共有部分をもつかたちの住宅になります。自分のプライベート空間である居住部分はどんな部屋なのか、気になる人もいるでしょう。シェアハウスによって、完全個室のタイプの部屋や、2名1室、4名から8名の相部屋のシェアハウスの居住部分は、室内には何もない空っぽの状態の物件や、家具や家電付きの部屋もあります。シェアハウスは、お風呂やトイレなどの設備は共有することが多いですが、中には水周りの設備も部屋に備わっている場合もあります。

シェアハウスの共有部分の概要

シェアハウスの共有部分には、キッチンや浴室などの水周りの設備以外にも、入居者同士がくつろげるリビングスペース、交流しながら楽しめる様々な設備が充実している住宅もあります。例えば、ヨガやダンスなどができる多目的スタジオ、大画面で映画やスポーツを見ることができるシアタールームがあるシェアハウスも人気を集めています。その他にも、ジムやカフェスペース、ワークスペースやラウンジがある住宅もあります。自分の部屋以外で広々としたスペースを一人で有意義に活用することや、入居者の仲間同士でわいわいと楽しく過ごすこともできます。このように、近年では様々な付加価値のあるシェアハウスの住宅が増えてきているので、物件の共有部分の設備に注目して部屋探しをされてみてはどうでしょうか。