シェアハウスの賃貸物件の家賃について

家賃は一般の賃貸マンションよりも安い!

シェアハウスの賃貸物件に住んでみたいと考えている人は、一般の賃貸マンションと家賃はどう違うの?と疑問に思っている人もいるでしょう。シェアハウスの物件は、通常の賃貸マンションと比べると、割安で借りられることが多いです。たとえば、都心部のワンルームマンションの家賃が9万円程度であった場合、同じ立地や間取りのシェアハウスの家賃は6万円程度であるケースもあります。住んでいるエリアにもよりますが、シェアハウスのほうが3万円から4万円程度安めに借りられる物件もあるため、毎月生活費の節約になります。 また、敷金礼金の初期費用や退去時のクリーニング代が無料、又はリーズナブルな費用である場合がほとんどです。引っ越し時の負担もぐんとおさえられます。

シェアハウスの特徴を掴んで目的や予算に合う物件を見つける!

ひと口にシェアハウスの賃貸物件といっても、部屋や設備のクオリティや充実度、1人部屋や相部屋など、色んな特徴のある物件があります。一般の賃貸マンションよりもシェアハウスは安めの家賃ですが、物件によっては家賃が高いという場合もあります。ですから、それぞれのシェアハウスの特徴をチェックして、自分の目的や家賃の予算に合った住まいを探すことが大切です。シェアハウスは、水周りなどの共用スペースを入居者同士で清掃して管理するタイプの物件は家賃が安く、反対に運営会社が共用部分をすべて管理する場合は家賃が高めになります。

フィットネスルームやテラスにバーベキュースペースがあるなど、豪華な設備がある物件ほど家賃は高くなる傾向があります。部屋のタイプは1人部屋や複数人で暮らす相部屋がありますが、相部屋のほうが家賃は安いです。