シェアハウスの賃貸物件のデメリット

入居者の騒音で悩むことがある

シェアハウスの賃貸物件でよくあるトラブルの一つに、入居者の騒音が挙げられます。物件によって個室が狭い、壁が薄い住宅もあり、防音設備が整っていない物件もあります。そういったシェアハウスでは、話し声や笑い声が聞こえて気になることもあるかも知れません。そして、共有スペースのリビングスペースなどで、仲間同士が深夜まで飲み会やパーティを開いていることもあり、寝るときに騒がしいと感じることもあります。また、生活リズムの違った夜型の入居者が多くいると、夜中の生活音が気になって、寝られなくなるというのが日常になってしまうことも。ですから、シェアハウスを選ぶときは、防音設備についてチェックしたり、どんな入居者が暮らしているのかを確認しておいたほうがよいです。

人間関係のトラブルに遭うことも!

シェアハウスのデメリットの一つに、人間関係に悩むことがあるという点があります。同じシェアハウスに住む入居者の中には、どうしても気が合わないという人もいるかも知れません。そういう人と共有スペースで2人きりになると、気をつかう場面も多くなることもあるでしょう。そして、共有スペースを清潔に使わない人がいたり、深夜の決められた時間外に風呂に入る人など、シェアハウスのルールを守らない人と些細なケンカをすることもあります。また、男女の恋愛のもめごとや盗難など、様々なトラブルが起きることも。ですから、こういった人間関係に困るのは嫌だなと感じるときは、できるだけ少人数の小規模のシェアハウスの賃貸物件を選ぶと、人間関係のトラブルに巻き込まれるリスクも減らせます。